サブメニュー

内緒でカードローンを利用したい方

お金を借りるのは周りには知られたくないもので、特に消費者金融や銀行からのカードローンによる借金は、できることなら会社や家族には内緒にしたいものです。住宅ローンやマイカーローンとはカードローンは性質が異なるので、知られてしまうと様々な問題点が出てくる場合もあります。

 

一度でも借りたことがある方なら分かりますが、結論から言えばカードローンは内緒で利用をすることも可能です。絶対にばれないとは言い切れないのですが、消費者金融も銀行も秘密は厳守してくれるので、第三者にカードローンの申し込みがあったことや、審査に関連する連絡であるといったことは言いません。

 

本人と連絡が取れるまでは他の人が電話に出たとしても社名やサービス名は明かしませんので、知られずにカードローンの利用ができるようになっているのです。

 

 

家族にばれずにカードローンを使いたい

お金が足りない、欲しいものがある、急な出費で困った、このような時にカードローンが組めれば、借入で解決できます。しかし、家族にはばれずに利用したいという人もまたたくさんいます。心配をかけたくないという人もいれば、ばれたら怒られるから知られたくないという人もいます。

 

カードローンを家族にばれずに利用するために、これだけは知っておきたいコツが3つあります。知らないで失敗しないよう、申込み前に確認しておくとよいでしょう。

 

連絡先は携帯にする

カードローンの申込み時には、自宅や携帯の電話番号を聞かれます。何かあった時の連絡先としても重要ですが、カードローン申込みにおいては、本人確認と審査の意味合いも含まれています。

 

審査については、持ち家や固定電話を引いている方が返済せずに逃げる可能性が低いので有利になります。また、電話やネットから申込みをする際にも、連絡先に電話をすれば本人の電話だと確認がとれます。

 

固定電話の番号を記載するのはいいのですが、連絡先は携帯電話にしておくと安心です。家の固定電話を連絡先にすると、そこから家族にばれてしまう可能性があるからです。

 

利用明細書はその場で受け取る

借入れや返済をする時にATMを利用するケースがありますが、利用明細書がどう発行されるのかに注意しましょう。例えばカードローン会社AのATMで直接借入れをした場合、利用明細書はその場で印字されて発行されます。金額を確認してその場で処分すれば、家族にばれる心配は要りません。

 

しかし、コンビニなどの提携ATMを利用した場合、利用明細書が後日郵送で届く場合もあります。カードローン契約時には、利用明細書が自宅に届くケースについてはきちんと確認しておきましょう。

 

利用明細書も開封しなければカードローンだとわからないようになっていますが、家族に開封されてしまいばれるケースもあります。

 

特に銀行カードローンは家族にばれにくい特徴もあるため、秘密で内緒で安心してお金を借りたい方は三井住友銀行カードローンの利用がおすすめです。

 

返済を遅らせない

カードローンの利用がばれるきっかけとして意外と多いのが、返済不能による家族ばれです。カードローン会社はプライバシーへの気遣いがしっかりしていて、カードローンを名乗って郵送や電話をかけてくるような心配は要りません。

 

しかし、返済が遅れるとなると話が変わってきます。督促状が届く場合や確認の電話がくる場合があります。この際にもカードローンの名前ではきませんが、督促状などが届けば家族が不審に思うのは目に見えてわかるでしょう。返済遅れには最も注意しなければいけません。

 

最近では電話なしで借りられるモビットのWeb完結といった手続きも登場しており、申し込みから契約までは会社への電話連絡無しで手続きが進められるようになっています。

 

しかし、返済が滞ってしまい、本人への連絡が取れなければ会社への電話連絡が入る可能性があります。そうなれば内緒で借り入れを続けていくのも難しくなりますので、返済に関してはしっかりと期日通りに行うようにしましょう。

 

また、仮に今現在の借り入れ金利の負担が大きくて返済が厳しい、支払いが続けていけるようではないと感じるなら、借り換えローンで金利を引き下げるのも有効です。借り換え対応のオリックス銀行借り換えの手続きを行えば消費者金融よりも低金利で借りられる可能性があるので、低負担の返済ができるようになります。